視力矯正は美しい世界が見える入り口|ビューイングEYE

視力回復のことならおまかせください

ピックアップ

視力矯正について

女性の目

視力が悪い人が工夫する事が、視力矯正をしていくという事になってきます。そうする事で、視力を良くする事ができます。また、手軽にできる方法としては、メガネとコンタクトがありますので、専門店に行ってアドバイスをもらいながら購入します。

More...

目の悩みを解消する

女性

スマートフォンの普及などを背景に、視力についての悩みを抱えている人は急増しています。視力矯正には多くの種類があり、自分に合った手段を選ぶことで視力回復は可能です。確実な回復のためにも、眼科で相談することが大切なこととなっています。

More...

視力矯正手術の種類

笑顔の女性

視力矯正手術には、20代・30代の軽度から中等度の近視や遠視に対するレーザーを用いて角膜の形を変え屈折異常を正常にするレーシック法と、中等度・重度の近視や遠視あるいは40代以降や高齢者におこなわれる有水晶体眼内レンズを移植する方法があります。

More...

メリットが多い

指をさす女性

視力矯正の方法はたくさんありますが、最も手軽にできメリットが多いのはレーシック施術を受けることです。最近では様々な視力矯正の方法が登場していますが、最も注目されている施術の1つなのです。

More...

視力矯正は快適で疲れない見え方が大切です

指をさす女性医師

視力矯正は網膜に映る見えにくい映像を凹レンズや凸レンズで補正します。見えすぎて疲れるよりも、その人にとって疲れにくい快適な見え方が大切です。左右のバランスも考慮しながら生活スタイルに合った見え方で過ごしましょう。

More...

視力矯正をしてくれるクリニックの選び方

指をさす男性医師

視力矯正をしてくれるクリニックを選ぶ場合、少し工夫が必要です。インフォームドコンセントに力を入れているかどうか調べましょう。また、最近はパソコンを使って視力矯正の知識を身につけることに取り組む人が増えています。

More...

視力矯正の仕方

視力矯正の前に必要なこと

3人の医者

あなたの身の回りに眼鏡を掛けている人はどのくらいいますか。パソコンやスマートフォンの発展に伴い、目を酷使している人はかなりの数いるといわれています。特にデスクワークによる疲労は目の体質を著しく変化させ、眼精疲労と共に視力矯正が必要になります。視力矯正が必要なケースは、遠方が見えない近視、物が複数に重なる乱視、疲労が溜まりやすい遠視などが当てはまります。人により視力だけでなく目の体質が違うために、その人に合った処方が必要になります。普段の生活でものが見えにくい、ダブって見える、眼精疲労が酷いといった症状には一度眼科による検診を受け、眼球や眼底、視神経などに異常がないか確認をしましょう。正常な機能が確認できた後、眼鏡レンズの矯正を行います。

視力は人により異なります

運転免許取得の際、視力が0.7を満たない場合は眼鏡による視力矯正が不可欠になります。大型免許の場合には1.0以上視力が出ないと取得できません。視力矯正はすべて一律ということはなく、その人にとってどんな見え方が最善か見極めて処方をします。近視の人が遠くが見たいからといって強めの視力での処方をすると、年齢によっては近くが見にくい症状になります。高齢になると眼のピント機能が低下することで近方が見えにくくなります。老眼は視力矯正だけでなく眼筋の動きも調べないと正確に処方できません。視力矯正は生活スタイルによりさまざまなため、測定者にどのような使い方をしたいのかしっかり伝える事で相性の良い眼鏡が出来上がります。

最新記事一覧

視力矯正のお得な利用法と平均価格について

笑顔の男性医師

視力矯正による度数変更については眼科で行うことが可能であり、費用については大体1万円くらいは相場となっています。また眼科に定期的に通うことで目の健康状態も確認出来るため、それと合わせて度数変更をするとよりお得に視力矯正が出来るようになります。

More...